6月12日 朝礼概略
             プール開き

 明日5,6年生が代表でプール開きをします。6月6日には6年生が分担してプール掃除をしてくれました。せっかくの水泳も、怪我をすると悲しい、楽しくない水泳学習になってしまいます。次の4つの約束を守って楽しいプール学習にしましょう。

1. 「ふざけない」
ふざけていると大きな事故がおきます。絶対にふざけてはいけません。
例えば、友達の頭を押さえたり、脚を引っぱったりすると、びっくりして水を飲んでおぼれることがあります。また、おぼれるまねをしていると、おぼれた人の区別がつきません。

2. 「怪我に注意」
怪我が起きるのはどんなときですか?
ぬれているプールサイドを走っていて、転ぶと、とても危ないです。
他の学校では、頭をぶつけて、痛い思いをしてお医者さんで何針も縫ってもらった子供がいます。プールに飛び込むことも禁止です。底で頭を打つことがあります。 また、急にプールに飛び込むと、心臓がびっくりして、止まってしまうこともあります。プールサイドは歩き、プールに入るときは、ゆっくり入ります。

3. 「体をきれいに洗って入る」
人間の体には、気づかないうちにたくさんのばい菌がつきます。そこで、プールを清潔にするため、足洗い槽、シャワーの順で、体をきれいにしてください。

4 「水泳カードを忘れない」
水泳のある日には、家の方に必ず朝ごはん、体温、朝食、お家の方の確認の印をもらい、忘れずに持って来てください。先生たちは、みんなの命を預かっています。お家の方の確認の印がないとプールには入れません。

4つの約束は全部大切です。約束を守って、安全で楽しい水泳にしていきましょう。

6月5日(月) 朝礼概略

しぐさを考える2

先々週お話しした「しぐさ」ですが、今日の朝礼で2つ付け加えました。

これは今から400年ほど前の昔の東京を江戸と呼んでいた頃、自然と発生していた当時の粋なはからいだったといわれていましたね。

先々週、2つをお話しました。もう一度確認してみましょう。

○七三の道(歩き)

道の真ん中を歩くのではなく、自分が歩くのは道の3割にして、残りの7割は他の人のためにあけておくことでしたね。これができる人って気持ちよいですね。心がけて歩いていますか。

○傘かしげ

雨の日に往来ですれ違うとき、お互い傘を外側に傾けることでしたね。お互い傘を傾けてちょっとずつ濡れ合うという、いわば痛み分けというわけでした。T先生とO先生が皆さんの前で見本見せてくれましたね。これから梅雨に入ります。傘の使い方に気を配りましょう。

次に新しいお話です

○うかつあやまり

相手に間違いがあったとしても「すみません、こちらがうかつでした」と自分が先に謝ることで、その場の雰囲気をよく保つこと。

本来であれば、それをうけて「いやいや、こちらこそ…」となるはずなのですがどうでしょう。できていますか。

○時泥棒

これは、時間のマナーです。断りなく相手を訪問し、または、約束の時間に遅れるなどで相手の時間を奪うのは重い罪にあたるということです。

日本人は時間に厳しいといいますが、それは相手への思いやりからきているのです。山王小の皆さんの時間に対するマナーはどうでしょうか。

休み時間など、時計を見て上手に行動できていますか。5分前集合や2分前着席ほとんどの人ができていてすばらしいです。

人としてのマナー、小学生の頃からきちんと身に付けたいですね。

5月22日 <朝礼概略>

自分のしぐさを考える1

 もうすぐ梅雨の時期になり、雨が降りやすい時期になります。

今日のお話は、次回の朝礼と2回に分けて「しぐさを考えよう」というお話です。最近、この話には様々な説もあるようですが、今の子供たちにも必要なことなのでお話しました。

しぐさというのは、何かするときの「動きや態度」のことです。今の「東京の150年から400年前」の呼び名は江戸でした。

一説によると、これは江戸(今の東京)に住んでいた人たちが、お互いに気持ちよく住みやすいように工夫した動きや態度だそうです。

まず「七三歩き」です。道を歩くとき、自分は道の3つ分を歩き、道の7つ分を急ぐ人や荷物を運ぶ車のためにあけておくということです。低学年、中学年と遠足にいきましたが、広がらないで2列で歩ける上手な学年がありました。

みなさんは、学校の帰りに道いっぱいに広がって歩いて周囲の人に迷惑をかけてはいませんか。安全にもつながる大切なことです。学校の中も外でも周囲のことを考えながら歩きましょう。

 次は「傘かしげ」です。雨の日に道を歩いていて、自分の傘から落ちる雨で相手をぬらしたりしないように、お互いに傘を人のいない外側に斜めに傾けてすれ違うことです。ぬれた傘を家や学校などの中にもちこんだりしないというのも、今に通じる雨の日のエチケットですね。

社会でマナーが身に付いている人は、大人でも子供でも見ていて気持ち良いですね。

5月21日(日曜日)

真夏のような天候の下、
PTA、おやじクラブSUNS、ガーデニング、コーラス部、ものづくり山王の方々を中心に「山王小 ハッピー大作戦」がありました。数日前から準備していただき100名を超える子供たちが参加していました。みんなで歌を歌い、グループ別に巨大絵を描き、校庭で探索、屋上で遊び、お昼には南校庭で伝統のピザを焼いて食べました。このような取組が無理なく長続きできればよいと思います。みなさん、ありがとうございました。次は6月の相撲大会です。

5月15日 <朝礼概略>「食物アレルギー〜一人一人の違いを大切に〜

今日は「食べ物のことで一人一人の違い」についてお話をします。

みなさんは、食べ物の好き嫌いはありますか?

身体の成長を考えると、みなさんは好き嫌いなく、何でも食べなくてはいけません。でも、好き嫌いがなくても、何でも食べられない人もいます。

それは、ある食べ物を食べると体にぶつぶつが出たり、皮膚が赤くなったりする人がいるのです。中には激しく咳がでたり、気持ち悪くなったりする人もいます。こういう状態を「食物アレルギー」といいます。

例えば「卵」とか「牛乳」とか「小麦」とか食べると、アレルギーを起こしたりする人がいるのです。「エビ」とか「鶏肉」と「バナナ」とかでもそうです。これは人によって様々です。山王小にも「食物アレルギー」を起こすお友達が何十人もいます。

そこで学校では、その人たちのために、給食でその人がアレルギーを起こす食品を入れない食事を作っていますね。

校長先生が心配なのは、給食以外でアレルギーを起こす食品が入っていることに気付かないで食べてしまうことです。特に、その食品が見えない時、例えば、スープの中に溶かされているとその食品が見えませんね。食物アレルギーのある人は、「食べても大丈夫かどうか」人に判断してもらうだけではなく自分自身でも食べ物に気を付けて下さい。食物アレルギーの無い人、みなさんは、何でも好き嫌い無く食べましょう。

何でも食べられる人がいる、全部は食べられない人がいる、食べ物でも人によってそれぞれ違いがありますね。

一人一人の違いは、このようなことに関しても大切にしなくてはならないことです。 「みんなちがってそれでいい」のです。

5月11日(木) 縦割り班活動開始

 年間14回の「縦割り班活動」が始まりました。昼休みに、1年生から6年生までの決められた縦割り班で自己紹介や1年間の計画(昔遊びも)などを決めました。1年生は副班長の5年生が教室まで迎えに行き、帰りも教室へ送ります。昔は異年齢集団の中で様々な遊びのルールを教わったものですが、今の時代は一人でゲームをするなどの遊びが多くなり意図的に縦の繋がりを経験させるものです。前任校でも実施していましたが、遊び以外にも校内で会ったとき声を掛け合う、相談できるなどの繋がりも期待できます。

5月8日 朝礼概略    はきものをそろえる

学校の校舎に入ったらすぐ目に入る場所があります。それは、玄関にある靴箱です。

今日、登校したとき、靴のかかとを揃えてきれいに入れてありますか。

山王小学校の皆さんの靴箱をみてうれしくなりました。6年生が1年生の靴を揃えてくれていたのです。

校長先生は、今まで、いろいろな学校に行き、感じていたことがあります。

それは、靴箱に靴がかかとを揃えて入れられている学校では、あいさつも気持ちよくできる、ゴミも落ちていない、授業もしっかりできているのです。それはどうしてでしょう。学校のみんなの心がそろい、学校が美しいところとなっているからです。

それでは、円福寺 藤本さんという方が書かれた文章を読んでみます。

角丸四角形: はきものをそろえる
はきものをそろえると心もそろう
心がそろうとはきものもそろう
ぬぐときにそろえておくと心が乱れない
だれかが乱しておいたら
だまってそろえておいてあげよう
そうすればきっと世界中の人の心もそろうでしょう。













まず、自分の靴をきれいに入れましょう。山王小には銀色のシールにぴたりと入れるルール「銀ピタ」がありますね。そして、大事なのは次です。

周りを見て、靴が落ちたり、乱れていたりしていたらそっと直してあげましょう。そうすれば、今度は自分の靴が乱れていたら誰かが直してくれます。そうやって学級や学年のみんなの心が揃っていきます。

5月1日 朝礼概略   国民の祝日について(ゴールデンウイーク)

【さわやかな過ごしやすい季節になりました。もうすぐゴールデンウイークですね。このゴールデンウイークには色々な「国民の祝日」があるのでそのことや季節のことをお話しします。

4月29日は「昭和の日」でしたね。皆さんは平成生まれですが平成の前を昭和といいました。大きな戦争があってその中から立ち上がって今の日本が作り上げられ豊かな時代ができたことやこれからの日本を考える日です。

5月3日は「憲法記念日」です。70年ほど前にできた我が国の最高の法律である憲法について考える日です。6年生でも憲法について社会で習いますね。

5月4日は「みどりの日」です。さわやかな5月の自然に親しむとともに自然のすばらしさに感謝する日です。そして、

 5月5日は「子どもの日」です。
子供の幸せのために何をするか考える日です。柏餅なども食べますね。皆さんは家族から大切にされ子どもの日を祝ってもらうと思います。そして、子どもの日にはもう一つ大切なことがあります。それは「お家の人に感謝する日」でもあるそうです。みなさんからお家の人に感謝の言葉をかけてみてください。

最後に夏はいつからでしょうか。暦(カレンダー上)で夏になるのは「立夏」という日です。年によって日にちが変わるのですが、今年は5月5日で子どもの日と重なりました。今年の夏は暦の上では5月5日から8月6日までです。

8月7日からは秋が始まります。こんなことも知っていておいてほしいと思います。連休明けにみんなの元気な顔を待っています。】

4月24日 朝礼概略   早寝・早起き・朝ご飯

今日は、5月の早寝・早起き・朝ご飯月間についてお話しました。

【1日は何時間ですか?1年生には難しいかもしれませんが、1日は24時間ですね。

人間の体の中にも時計があって体内時計といいます。その体内時計の一日は何時間だと思いますか。実は、約24時間と30分くらいでできているそうです。この24時間30分の体の中の時計とみんなの見ている時計が違ったままにしていると体の調子が悪くなります。30分くらいの時間はどうすれば縮まるでしょうか。

それは、しっかりと「睡眠時間」をとり、「朝の太陽の光」を浴びて早起きすると、体の中の時計とみんなの見ている時計があってきます。その朝の太陽の光は、みんなの心を優しくしてくれる働きもあるのです。

反対に、夜に遅くまで起きて部屋の電気の明かりを浴びていると、体の中の時計がみんなの見ている時計はもっと狂って、体調を崩してしまいます。

@朝、太陽の光をあびて起床する(カーテンをあけてもらう)または、太   陽の光を浴びて朝、校庭で遊ぶ。
A起床したらすぐ顔を洗う。
Bお家の人と「おはよう」のあいさつをする。
C朝ごはんを食べる。(簡単なものでもよいから必ず)
D食後の歯みがきをする。
 
Eトイレに行く。

体調を整えるためにこのことをやってみましょう。】

大田区立山王小学校のホームページへようこそ♪

7月20日         1学期終業式の話
1学期は、朝礼でもいろんなお話をしました。覚えていますか。     
@    靴を揃える A いじめ(シャンクス、心の傷)
B    江戸のしぐさ(七三歩き、傘かしげ、うかつあやまり、時泥棒)
C    みんなちがってよい(アレルギー)など。

また、校内を見て皆さんたちの素晴らしいところをたくさん見付けることができました。例えば、
授業中、静かに集中できた、友達の話をよく聴き、落ち着いた授業態度のクラスが多かったです。
 全校で靴がきちんと入っています。校長先生がシールを張ったクラスもあります。

一人一人、あいさつがとてもきちんとできています。
 みんなはできましたか?相手の顔を見てあいさつしましょう。

移動教室での集団行動、遠足等の校外活動では歩き方など上手にできました。
○課題は、言葉で友達のこころを傷つけてしまうことが何度かあったことです。言葉遣いに気を付けな ければいけません。校長先生は、さみしい気持ちになりました。
 さて、先生は全校の皆さんの「通知表」を読みました。担任の先生や専科の先生方が、みなさんの
  頑張ったことを、たくさん見つけて誉めていました。読んでいて嬉しくなりました。
ここで、4つ
  紹介します。

 ・善悪(正しいこと、正しくないこと)の判断ができる心の強さをもち、いつも友達が正しいとき
   には「今回の○○さんは正しいよ」と勇気を出してくれ信頼が高まってきている。

 ・教室で友達が通りやすいように、さっと椅子をひいてくれるなどの、さりげない優しさがありま
   す。
 ・話す人の目を見て、体を向けて真剣に耳を傾ける姿勢があります。
 ・ノートの取り方では、友人の発言や、先生の説明で黒板に書かれていないことで大切なことを書
   き留めています。


これから長い夏休みに入ります。次のことに気を付けて元気に生活してください。
  通知表をよく見て、1学期の自分を反省し、宿題を計画的にやり遂げる。
  交通事故、水の事故に気を付ける。特に自転車でスピードの出しすぎやの飛び出し、ローラー
   ボードなど、道路での使用は絶対しないようにすること。道路で使うと交通違反にもなります。

  遊んでいる時に、友達のカードやゲーム、お金を触ったり、人から物を買ってもらったりす
    ことがないようにすること。
子供同士で、カードを買ったり売ったりも絶対しないこと。多く
    の学校でこの問題が起きています。

 4 インターネットでのトラブルに巻き込まれないように気を付ける。
  他の学校で、興味本位で様々なサイトにクリックして、請求画面が現れてびっくりして自分の
   電話番号を教えてしまった人もいます。何か起きたら、すぐ大人に相談することです。また、メ
   ールなどでは、自分は良くても相手の家には相手のルールがあります。夜遅くメールして返信が
   ないからといって喧嘩になったりすることがないよう、相手のことを考えて行動してください。

   5 わくわくやプール指導には、決められた服装で遅刻しないで登校する。特にわくわくは、人数
   が多いところは抽選で決めました。抽選の結果、参加できることになった人は参加してください。

    地域の行事にも参加する。(これから、町会のお祭り、ラジオ体操があります)積極的に参加
    して、大人の手伝いもしましょう。

  2学期のはじめには、全員揃って元気な顔を見せてください。
アクセス

6月26日 朝礼概略

「シャンクスの言葉〜仲間を傷つけるやつは許さない」

今日は、このお話をします。みなさんの大好きな「ワンピース」ですね。
 
 「ワンピース」の主人公は・・? 麦わら帽子のルフィーですね。

ルフィーは立派な海賊王になることを夢見て、海賊船に乗り、宝物探しの旅に出ます。その途中で、いろんな仲間達に出会っていくお話です。ルフィーやチョッパーが活躍しますね。

「ワンピース」は、日本で大ヒットしました。日本だけで当時2 4000 万冊も売れたときいています。日本中の赤ちゃんからお年寄りまで、一人冊ずつ買って読んだくらいの物語です。外国でも大ヒットしているそうです。

以前、校長先生も「ワンピース」を読みました。

そして第一話(「ROMANCE DAWN -冒険の夜明け-」)で胸がいっぱいになり涙が出そうになる言葉に出合いました。

シャンクスが山賊に言った次のような言葉です。

「いいか山賊、俺はどんなことをされようがたいていのことは笑って見過ごしてやる。だが、どんな理由があろうと、仲間を傷つけるやつは許さない。」

友達を心から大事にするこの言葉、校長先生はシャンクスの大ファンになりました。その他、この中には友達を大事にする言葉がいっぱい出てくるのです。言葉だけではありません。

仲間を助けるために戦い、逆に間違いを犯そうとする仲間がいるとケンカしてでも説得して止めます。でも怪我はさせません。

ルフィーたちにはケンカはありますが、「卑怯ないじめ」や「自分勝手ないじめ」はありません。いざという時は全力で仲間を守ったり止めたりするのです。

2 4000 万冊も売れたということは、日本中の多くの人が「友達」を信じ「卑怯ないじめ」を良くないと考えているからだと思いました。

そんなルフィーたちに世界中が拍手を送っているのです。

「仲間」、「友達」を大事にすることは世界共通です。

お友達を大事にできなかったことはありませんか。友達とはいつも自分に優しくしてくれる人だけが友達ではありません。いつもはそんなに仲が良くなかった人でも、または最初は嫌いだなあと思っていた人でも、実はいざという時に助けてくれる人だったりするのです。

シャンクスの言葉の通り、「どんな理由があっても友達いやだと感じることをする人」はダメです。今、ここにいる人は、みんな「仲間」です。「友達」です。

給食
学校便り
校内の様子

7月10日<朝礼概略>

   体の傷は目に見えるけれど、心の傷は見えない

〜自分の一言に気を付けよう〜

 今日は「体の傷は目に見えるけれど、心の傷は見えない」というお話をします。体育や外で遊んでいるときなど、怪我をすることがありますね。

はじめは、松葉杖をついていて、しばらくすると、なんとかゆっくりと自分で歩けるようになり、そのうち以前のように普通に歩いたり走ったりすることができるようになります。体の怪我は、誰が見てもわかるので、回復の様子もよくわかります。ところが、心にできてしまった傷は、外から見てもわかりません。

 また、自分の言動が人の心に傷を負わせてしまったかどうかもわかりません。もしかしたら相手は、口では大丈夫と言いながら、本当は心の傷は治っていないかもしれません。場合によっては、「一生、心の傷として残ってしまう」こともあります。心の傷については、本人以外、他の人が確認することはできないのです。みんなにとっては、何気なく口にした一言かもしれませんが、その一言が相手を深く傷つけてしまうことがあることを心に刻み込んでおいてほしいと思います。一人一人、そして、周囲のみんなが心がければいやな思いをする人はいなくなるはずです。

4月、6月に1回ずつお話しました(いじめの四層構造、シャンクスの言葉)が、友達が「いやだと思うことをすること言うことは、どんな理由であってもいじめの始まり」です。いじめは恰好悪いと思います。自分に自信のない人がすることです。山王小学校の全員が、「いじめは絶対してはいけない重大な人権侵害であり、いじめをみてみぬふりしない」という意識をもち、誰もがいやな思いをしないで楽しく過ごせるようよく考えて生活しましょう。何か感じたらすぐに近くの大人の人に伝えてください。

学校紹介

4月17日  朝礼概略     いじめの四層構造

朝礼で子供たちにお話ししたことの中で幾つか掲載していきたいと
思います。今日は「いじめの四層構造」ということをお話しました。

 【今日は校長先生がとても大切にしていることを話します。「いじめ」とはどんなことですか。自分が、遊び半分でもふざけていても、相手が「いやだな」と感じたら「いじめのはじまり」です。「自分はそんなつもりではなかった、ふざけて言っただけ」と言っても相手が「いやだ」と思うことはどんな理由があってもいじめの始まりなのです。ちょっと手があたっただけと言い訳をする人がいますが、そうであっても、相手が痛い、いやな思いをすれば心から謝らなければいけません。暴力も当然「いじめ」につながります。

いじめの構造は、@いじめを受けている人 Aいじめをしている人 Bいじめをまわりで「やれ、やれ」とはやし立てる人 C周りでだまって見ている人の四つの層で構成されています。よくない人はだれですか?もちろんいじめをしている2番、3番の人ですね。

もし、いやな思いをしているかなと思われる人がいたら、どうしますか。校長先生は周りでだまって見ている人も勇気を出してほしいと思います。「止めたら仕返しされる」「つげ口をした」と言われる。
「みんなに恰好をつけていると思われる」・・心配ですね。そんなことはありません。人としていけないことはいけないと言える勇気をもってほしいです。

先生たちは、いじめられている子がいたら全力で守ります。そして
「山王小のみんながいじめを絶対に許さない」という気持ちが大切です。「いじめかな」と思ったら、勇気を出して友達、先生やおうちの人に話してください。校長先生は、このいじめについてはこれから何度も違う形で皆さんにお話ししていきます。】

トップページ

7月16日           緑 陰

緑陰・・・辞書をひくと、「茂った木々の木陰」という風情のある言葉です。

 朝から気温がどんどん上がる中、山王小学校伝統行事の「緑陰こども会」が開催されました。早朝からPTA,SUNS、地域町会の消防団、青少対の皆さんによる準備が行われ、9時15分に開会式があり放水開始。例年、この言葉で、まず校長が放水ホースで水をかけられると聞いていたので、私はゴーグルとヘルメット、水鉄砲を用意して朝礼台に登りました。

 そして子供たちは各自、水鉄砲を持ち、水着姿で年に1回の行事に盛り上がりました。最後に、消防団の一斉放水で無事終了しました。山王小では、この緑陰が終わるともう夏休みです。

6月21日(水曜日) 6年劇団四季

 午後、6年生はアプリコで劇団四季/ 一般財団法人舞台芸術センターによる「こころの劇場」<嵐の中の子どもたち>を鑑賞しました。これは今年から大田区の6年生全校対象にした「生命の大切さ、人を思いやる心、信じあう喜びなどの人が生きていく上で最も大切なものを舞台を通じて語りかける」ことを目的とした行事です。本校の6年生は、先日、劇団四季の方をお招きして「美しい日本語教室」を開催して、発音について学んだところですが、今日はその方々による舞台でした。実物を目の前で見ると、迫力、演技力がすごかったです。

6月21日(水曜日) 1,2,3年音楽集会

 本日は1,2,3年の音楽集会がありました。全ての学級が体育館に入場する間、「手のひらを太陽に」がH先生のピアノから流れてきます。待っている子供たちは歌いながら待っています。K先生の指揮で集会が始まります。途中で手拍子、拍を体で表現するという指導によりあっという間に情緒豊かな合唱になっていきました。朝から声を出した子供たちは静かに1時間目の授業に入っていきました。運動もよいですが音楽もよいですね。

7月3日(月曜日)<朝礼概略>   5年生伊豆移動教室について

今日の朝礼は、以下の内容をまとめて児童に紹介しました。

ちょうど1年365日の折り返しとなりました。昔、この時期は梅雨の終わりとも言われ、田植えも最後の時期といわれていました。これから暑い日が続きます。水分をしっかり採り熱中症にも気を付けて生活してください。

6月28日(水曜日)から30日(金曜日)まで5年生は初めての宿泊行事である伊豆移動教室に行ってきました。評価できることは、@5分前行動の意識が高く、毎回集合が早かったこと。A参加児童全員リタイヤせず元気に活動できたこと。B係活動の準備が丁寧で、現地でもみんなが協力して盛り上がることができたことです。

<1日目>
雨が心配でしたが曇りの中、北糀谷小と合同の開校式を行い、午後は箸づくりに挑戦しました。入浴後子供たちにキャンドルサービスを楽しみました。

<2日目>
昨夜からの小雨もやみ、ハイキング出発前には晴れてきました。伊豆高原駅から隣の城ヶ崎海岸駅まで電車で一駅行き、ぼら納屋から班単位でピクニカルコースを海洋公園までハイキングし蓮着寺でお弁当を食べました。透明な海の水に子供たちからは歓声があがっていました。そこからはクラス単位でハイキングしながら宿舎へ戻りました。その後飯盒炊飯場でカレー作りに挑戦しました。みんな、一度事前に家庭で作っているので火の調整は難しかったですが、おいしくできました。夜はレクリエーションで汗を流しました。

<3日目>
伊豆高原での移動教室も最終日。大室山でリフトに乗り、お鉢めぐりで大室山の周りを一周しました。一緒にリフトに乗った子供との会話で、「毎日塾に行っているけど、時にはこんな風景は心が落ち着きます」には自分も本当にそうだと感じました。学校到着も予定どおりで、多くの保護者の方々のお迎えもありがとうございました。来年度のとうぶ移動教室では、さらに成長を期待します。





4月6日

校長室からのブログも昨年度、相川校長先生が掲載されたものとまではいきませんが、気が付いたこと、自分なりにお知らせしたいことをHP上にて載せてみようと思います。

本日は始業式、入学式でした。町会やPTAの方々のお手伝いありがとうございました。子供たちも今日から学年が一つ上がり新担任の発表にもドキドキ。「今年も頑張るぞ。」という気持ちが挨拶やきちんとした態度に表れていました。入学式での新6年生の代表の歓迎の言葉、6年生の立派な態度、2年生も歓迎の歌と演奏をよくがんばり、128名の新1年生を迎え、全校730名で新学期がスタートしました。



4月10日

1年生が入学して今日で3日目、今日は朝8時25分から校庭で「対面式」がありました。6年生の3人の児童が、前に並んでいる1年生全員に歓迎の言葉をかけてくれました。

6年生は今、恒例となっている「朝の一年生当番」をやってくれています。ランドセルの中身を机に一緒に入れたり、トイレについて行ったりしていて、これからは校歌を教えたり紙芝居などを計画しています。2年生から5年生までの児童も、1年生の時のことを思い出してやさしいお兄さん、お姉さんでいてほしいですね。山王小では「縦割り班活動」も年間14回あります。1年生が早く山王小になれて楽しく登校できるよう見守っていきます。

校長室から

6月14日(水曜日) 児童集会(開校記念集会)

6月1日は本校の開校記念日ですが、本日、児童集会で開校記念集会がありました。

校長室に保存されている開校90周年記記念誌「山王の歴史ものがたり」などを紐解いてみました。

○山王小学校の辺りは新井宿村という地名でしたが、江戸時代には多くの 将軍がこの地に鷹狩にやってきたそうです。八代将軍吉宗の鷹狩は有名 です。

○明治2年ごろ間宮塾、藤井塾という私塾がありました。それぞれが神泉 小学校、磐井小学校になり、明治44年には神泉小学校、磐井小学校が 入新井尋常小学校(今の入新井第一小学校)となりました。その後、大 正14年に、荏原郡入新井第一尋常高等小学校から分かれて、荏原郡入 新井第三尋常小学校(今の山王小学校)となり(当時530名)、その 年の9月1日からこの地で授業が開始されました。そして昭和28年に は「東京都大田区立山王小学校」と改称されました。当時の子供たちは「良い学校にしよう」「世の中の役に立つ立派な人にならなければいけな い」そんな心構えで勉強したと記されています。

子供たちには山王小の古きよき伝統を受け継いでもらいたいと思います




6月2日(金) 共遊び

今日は、山王小の特色の一つである月に1〜2回の共遊びの日でした。朝の15分間、全学年がクラスごとに全員で遊ぼうという取り組みです。校庭ではいつもの朝遊びより多い子供たちが、太陽の日差しを浴びて思いっきり遊んでいました。体内時計も整ったはずです。

今日は30度になるという予報。しっかり水分補給して1時間目に入りました。朝から体を動かした日は、やはり授業も集中します。

5月31日(水) ボランティア懇談会

 本日は、山王小学校を支えていただいているボランティアの方々(PTA会長をはじめスクールサポートSSSの方々を中心に、ガーデニング・外国語・SUNS(おやじクラブ)・図書ボランティア、本の花束の方々)が校長室に集まり、それぞれの活動の状況報告、今後の予定などを共通理解する会議がありました。子供たちのためにそれぞれがかなり工夫して活動していただいている様子がわかりました。様々な教育環境が整っているのも山王小の特徴です。これからもよろしくお願いします。



4月20日(木) 1年生歩行訓練

一年生が入学して2週間が経過しました。本日2校時に大森警察署、教育委員会の交通安全指導員の方による歩行訓練がありました。みんなでお話を聞いた後、2人1組で校門から出発して学校前の横断歩道を通り南門から入るコースで歩く練習をしました。信号が青になっても飛び出さず、左右を確認して安全な道路の歩き方を学びました。「交通事故にあわない。」入学式で一年生にお話した一番大切なことです。

戻る

6月10日(土曜日) 子ども相撲山王場所

 今日は山王小学校伝統、PTA主催の「子ども相撲山王場所」が開催されました。

 数週間前から土俵の整備などをSUNSや地域の方々にしていただきました。苔が付いて大変だったそうです。朝8時45分に集合し、お昼過ぎまでトーナメントで戦いました。

区内の相撲部屋から本物の力士をお招きして、相手もしていただきました。土俵がある学校はめずらしく、本校の特色のある行事だと思います。相撲の後はPTA、SUNSの方々により「ちゃんこ鍋」を振る舞っていただきました。山王小の土俵は、約40年以上前にできたそうです。大切にしていきたいと思います。



5月11日(木)   美しい日本語の話し方教室

 今日は6年生で劇団四季の方々による「美しい日本語の話し方教室」が行われました。

日本語の話し方の基本となる母音と子音の関係、日本語を話す時は母音きちんと話すことが大切であることなど日ごろ気付かない美しい話し方のヒントについて教えていただきました。担任の先生たちも参加してとても楽しい授業でした。授業が終わると話し方がきれいになった感じです。日本語の発音というのは難しいことに改めて気付かされました。

この教室は、毎年希望する学校が多くて抽選で選ばれるのがなかなか難しいようです。

4月26日 避難訓練

今日は第1回目の避難訓練がありました。副校長先生の放送の合図で地震の発生が知らされ、机の下に頭を入れ、各先生の指示に従い校庭に避難しました。「お・か・し・も」(おさない、かけない、しゃべらない・もどらない)の約束を守り全校点呼完了は4分59秒でした。1回目にしては早いです。

相川前校長先生からは「山王小の子供たちの避難訓練は4分13秒が最も早く、きちんとできますよ」と言われていたそのとおりでした。



4月14日

 今日は4年生から6年生の大田区の学力効果測定です。みんな真剣に取り組んでいました。前年度までの国語、算数、社会、理科の4教科の学習内容の定着度を調査するものです。6年生の算数は、計算や知識を問う基礎・基本の問題や見方・考え方を問うものなどが出題されていました。結果は担任からお知らせします。昨年度本校では各学年・各教科ともに高い数値を取ることができていました。これらは、探究型の授業や算数のステップアップ学習やベーシックドリルの活用の効果的の表れとも考えられます。今年度はどうでしょうか。楽しみです。