4月17日  朝礼概略     いじめの四層構造

朝礼で子供たちにお話ししたことの中で幾つか掲載していきたいと
思います。今日は「いじめの四層構造」ということをお話しました。

 【今日は校長先生がとても大切にしていることを話します。「いじめ」とはどんなことですか。自分が、遊び半分でもふざけていても、相手が「いやだな」と感じたら「いじめのはじまり」です。「自分はそんなつもりではなかった、ふざけて言っただけ」と言っても相手が「いやだ」と思うことはどんな理由があってもいじめの始まりなのです。ちょっと手があたっただけと言い訳をする人がいますが、そうであっても、相手が痛い、いやな思いをすれば心から謝らなければいけません。暴力も当然「いじめ」につながります。

いじめの構造は、@いじめを受けている人 Aいじめをしている人 Bいじめをまわりで「やれ、やれ」とはやし立てる人 C周りでだまって見ている人の四つの層で構成されています。よくない人はだれですか?もちろんいじめをしている2番、3番の人ですね。

もし、いやな思いをしているかなと思われる人がいたら、どうしますか。校長先生は周りでだまって見ている人も勇気を出してほしいと思います。「止めたら仕返しされる」「つげ口をした」と言われる。
「みんなに恰好をつけていると思われる」・・心配ですね。そんなことはありません。人としていけないことはいけないと言える勇気をもってほしいです。

先生たちは、いじめられている子がいたら全力で守ります。そして
「山王小のみんながいじめを絶対に許さない」という気持ちが大切です。「いじめかな」と思ったら、勇気を出して友達、先生やおうちの人に話してください。校長先生は、このいじめについてはこれから何度も違う形で皆さんにお話ししていきます。】




4月14日

 今日は4年生から6年生の大田区の学力効果測定です。みんな真剣に取り組んでいました。前年度までの国語、算数、社会、理科の4教科の学習内容の定着度を調査するものです。6年生の算数は、計算や知識を問う基礎・基本の問題や見方・考え方を問うものなどが出題されていました。結果は担任からお知らせします。昨年度本校では各学年・各教科ともに高い数値を取ることができていました。これらは、探究型の授業や算数のステップアップ学習やベーシックドリルの活用の効果的の表れとも考えられます。今年度はどうでしょうか。楽しみです。



4月10日

1年生が入学して今日で3日目、今日は朝8時25分から校庭で「対面式」がありました。6年生の3人の児童が、前に並んでいる1年生全員に歓迎の言葉をかけてくれました。

6年生は今、恒例となっている「朝の一年生当番」をやってくれています。ランドセルの中身を机に一緒に入れたり、トイレについて行ったりしていて、これからは校歌を教えたり紙芝居などを計画しています。2年生から5年生までの児童も、1年生の時のことを思い出してやさしいお兄さん、お姉さんでいてほしいですね。山王小では「縦割り班活動」も年間14回あります。1年生が早く山王小になれて楽しく登校できるよう見守っていきます。





4月6日

校長室からのブログも昨年度、相川校長先生が掲載されたものとまではいきませんが、気が付いたこと、自分なりにお知らせしたいことをHP上にて載せてみようと思います。

本日は始業式、入学式でした。町会やPTAの方々のお手伝いありがとうございました。子供たちも今日から学年が一つ上がり新担任の発表にもドキドキ。「今年も頑張るぞ。」という気持ちが挨拶やきちんとした態度に表れていました。入学式での新6年生の代表の歓迎の言葉、6年生の立派な態度、2年生も歓迎の歌と演奏をよくがんばり、128名の新1年生を迎え、全校730名で新学期がスタートしました。

5月1日 朝礼概略   国民の祝日について(ゴールデンウイーク)

【さわやかな過ごしやすい季節になりました。もうすぐゴールデンウイークですね。このゴールデンウイークには色々な「国民の祝日」があるのでそのことや季節のことをお話しします。

4月29日は「昭和の日」でしたね。皆さんは平成生まれですが平成の前を昭和といいました。大きな戦争があってその中から立ち上がって今の日本が作り上げられ豊かな時代ができたことやこれからの日本を考える日です。

5月3日は「憲法記念日」です。70年ほど前にできた我が国の最高の法律である憲法について考える日です。6年生でも憲法について社会で習いますね。

5月4日は「みどりの日」です。さわやかな5月の自然に親しむとともに自然のすばらしさに感謝する日です。そして、

 5月5日は「子どもの日」です。
子供の幸せのために何をするか考える日です。柏餅なども食べますね。皆さんは家族から大切にされ子どもの日を祝ってもらうと思います。そして、子どもの日にはもう一つ大切なことがあります。それは「お家の人に感謝する日」でもあるそうです。みなさんからお家の人に感謝の言葉をかけてみてください。

最後に夏はいつからでしょうか。暦(カレンダー上)で夏になるのは「立夏」という日です。年によって日にちが変わるのですが、今年は5月5日で子どもの日と重なりました。今年の夏は暦の上では5月5日から8月6日までです。

8月7日からは秋が始まります。こんなことも知っていておいてほしいと思います。連休明けにみんなの元気な顔を待っています。】

4月24日 朝礼概略   早寝・早起き・朝ご飯

今日は、5月の早寝・早起き・朝ご飯月間についてお話しました。

【1日は何時間ですか?1年生には難しいかもしれませんが、1日は24時間ですね。

人間の体の中にも時計があって体内時計といいます。その体内時計の一日は何時間だと思いますか。実は、約24時間と30分くらいでできているそうです。この24時間30分の体の中の時計とみんなの見ている時計が違ったままにしていると体の調子が悪くなります。30分くらいの時間はどうすれば縮まるでしょうか。

それは、しっかりと「睡眠時間」をとり、「朝の太陽の光」を浴びて早起きすると、体の中の時計とみんなの見ている時計があってきます。その朝の太陽の光は、みんなの心を優しくしてくれる働きもあるのです。

反対に、夜に遅くまで起きて部屋の電気の明かりを浴びていると、体の中の時計がみんなの見ている時計はもっと狂って、体調を崩してしまいます。

@朝、太陽の光をあびて起床する(カーテンをあけてもらう)または、太   陽の光を浴びて朝、校庭で遊ぶ。
A起床したらすぐ顔を洗う。
Bお家の人と「おはよう」のあいさつをする。
C朝ごはんを食べる。(簡単なものでもよいから必ず)
D食後の歯みがきをする。
 
Eトイレに行く。

体調を整えるためにこのことをやってみましょう。】

4月26日 避難訓練

今日は第1回目の避難訓練がありました。副校長先生の放送の合図で地震の発生が知らされ、机の下に頭を入れ、各先生の指示に従い校庭に避難しました。「お・か・し・も」(おさない、かけない、しゃべらない・もどらない)の約束を守り全校点呼完了は4分59秒でした。1回目にしては早いです。

相川前校長先生からは「山王小の子供たちの避難訓練は4分13秒が最も早く、きちんとできますよ」と言われていたそのとおりでした。


4月20日(木) 1年生歩行訓練

一年生が入学して2週間が経過しました。本日2校時に大森警察署、教育委員会の交通安全指導員の方による歩行訓練がありました。みんなでお話を聞いた後、2人1組で校門から出発して学校前の横断歩道を通り南門から入るコースで歩く練習をしました。信号が青になっても飛び出さず、左右を確認して安全な道路の歩き方を学びました。「交通事故にあわない。」入学式で一年生にお話した一番大切なことです。

大田区立山王小学校のホームページへようこそ♪

アクセス
5月21日(日曜日)

真夏のような天候の下、
PTA、おやじクラブSUNS、ガーデニング、コーラス部、ものづくり山王の方々を中心に「山王小 ハッピー大作戦」がありました。数日前から準備していただき100名を超える子供たちが参加していました。みんなで歌を歌い、グループ別に巨大絵を描き、校庭で探索、屋上で遊び、お昼には南校庭で伝統のピザを焼いて食べました。このような取組が無理なく長続きできればよいと思います。みなさん、ありがとうございました。次は6月の相撲大会です。

5月15日 <朝礼概略>「食物アレルギー〜一人一人の違いを大切に〜

今日は「食べ物のことで一人一人の違い」についてお話をします。

みなさんは、食べ物の好き嫌いはありますか?

身体の成長を考えると、みなさんは好き嫌いなく、何でも食べなくてはいけません。でも、好き嫌いがなくても、何でも食べられない人もいます。

それは、ある食べ物を食べると体にぶつぶつが出たり、皮膚が赤くなったりする人がいるのです。中には激しく咳がでたり、気持ち悪くなったりする人もいます。こういう状態を「食物アレルギー」といいます。

例えば「卵」とか「牛乳」とか「小麦」とか食べると、アレルギーを起こしたりする人がいるのです。「エビ」とか「鶏肉」と「バナナ」とかでもそうです。これは人によって様々です。山王小にも「食物アレルギー」を起こすお友達が何十人もいます。

そこで学校では、その人たちのために、給食でその人がアレルギーを起こす食品を入れない食事を作っていますね。

校長先生が心配なのは、給食以外でアレルギーを起こす食品が入っていることに気付かないで食べてしまうことです。特に、その食品が見えない時、例えば、スープの中に溶かされているとその食品が見えませんね。食物アレルギーのある人は、「食べても大丈夫かどうか」人に判断してもらうだけではなく自分自身でも食べ物に気を付けて下さい。食物アレルギーの無い人、みなさんは、何でも好き嫌い無く食べましょう。

何でも食べられる人がいる、全部は食べられない人がいる、食べ物でも人によってそれぞれ違いがありますね。

一人一人の違いは、このようなことに関しても大切にしなくてはならないことです。 「みんなちがってそれでいい」のです。

給食
学校便り


5月11日(木)   美しい日本語の話し方教室

 今日は6年生で劇団四季の方々による「美しい日本語の話し方教室」が行われました。

日本語の話し方の基本となる母音と子音の関係、日本語を話す時は母音きちんと話すことが大切であることなど日ごろ気付かない美しい話し方のヒントについて教えていただきました。担任の先生たちも参加してとても楽しい授業でした。授業が終わると話し方がきれいになった感じです。日本語の発音というのは難しいことに改めて気付かされました。

この教室は、毎年希望する学校が多くて抽選で選ばれるのがなかなか難しいようです。

5月8日 朝礼概略    はきものをそろえる

学校の校舎に入ったらすぐ目に入る場所があります。それは、玄関にある靴箱です。

今日、登校したとき、靴のかかとを揃えてきれいに入れてありますか。

山王小学校の皆さんの靴箱をみてうれしくなりました。6年生が1年生の靴を揃えてくれていたのです。

校長先生は、今まで、いろいろな学校に行き、感じていたことがあります。

それは、靴箱に靴がかかとを揃えて入れられている学校では、あいさつも気持ちよくできる、ゴミも落ちていない、授業もしっかりできているのです。それはどうしてでしょう。学校のみんなの心がそろい、学校が美しいところとなっているからです。

それでは、円福寺 藤本さんという方が書かれた文章を読んでみます。

角丸四角形: はきものをそろえる
はきものをそろえると心もそろう
心がそろうとはきものもそろう
ぬぐときにそろえておくと心が乱れない
だれかが乱しておいたら
だまってそろえておいてあげよう
そうすればきっと世界中の人の心もそろうでしょう。













まず、自分の靴をきれいに入れましょう。山王小には銀色のシールにぴたりと入れるルール「銀ピタ」がありますね。そして、大事なのは次です。

周りを見て、靴が落ちたり、乱れていたりしていたらそっと直してあげましょう。そうすれば、今度は自分の靴が乱れていたら誰かが直してくれます。そうやって学級や学年のみんなの心が揃っていきます。

校内の様子
学校紹介
トップページ

5月11日(木) 縦割り班活動開始

 年間14回の「縦割り班活動」が始まりました。昼休みに、1年生から6年生までの決められた縦割り班で自己紹介や1年間の計画(昔遊びも)などを決めました。1年生は副班長の5年生が教室まで迎えに行き、帰りも教室へ送ります。昔は異年齢集団の中で様々な遊びのルールを教わったものですが、今の時代は一人でゲームをするなどの遊びが多くなり意図的に縦の繋がりを経験させるものです。前任校でも実施していましたが、遊び以外にも校内で会ったとき声を掛け合う、相談できるなどの繋がりも期待できます。

校長室から

5月22日 <朝礼概略>

自分のしぐさを考える1

 もうすぐ梅雨の時期になり、雨が降りやすい時期になります。

今日のお話は、次回の朝礼と2回に分けて「しぐさを考えよう」というお話です。最近、この話には様々な説もあるようですが、今の子供たちにも必要なことなのでお話しました。

しぐさというのは、何かするときの「動きや態度」のことです。今の「東京の150年から400年前」の呼び名は江戸でした。

一説によると、これは江戸(今の東京)に住んでいた人たちが、お互いに気持ちよく住みやすいように工夫した動きや態度だそうです。

まず「七三歩き」です。道を歩くとき、自分は道の3つ分を歩き、道の7つ分を急ぐ人や荷物を運ぶ車のためにあけておくということです。低学年、中学年と遠足にいきましたが、広がらないで2列で歩ける上手な学年がありました。

みなさんは、学校の帰りに道いっぱいに広がって歩いて周囲の人に迷惑をかけてはいませんか。安全にもつながる大切なことです。学校の中も外でも周囲のことを考えながら歩きましょう。

 次は「傘かしげ」です。雨の日に道を歩いていて、自分の傘から落ちる雨で相手をぬらしたりしないように、お互いに傘を人のいない外側に斜めに傾けてすれ違うことです。ぬれた傘を家や学校などの中にもちこんだりしないというのも、今に通じる雨の日のエチケットですね。

社会でマナーが身に付いている人は、大人でも子供でも見ていて気持ち良いですね。